wajima 輪島塗

木地に生漆と米糊を混ぜたもので布を貼って補強し、生漆と米糊、焼成珪藻土を混ぜた下地を何層にも厚く施した「丈夫さ」と、文様部分の漆を盛り上げて浮き彫り状に表現した高蒔絵や漆器表面に溝を彫って金銀箔を埋め込む沈金などの技法や、螺鈿などの装飾による「美しさ」を両立させているのが輪島塗の特徴です。室町中期から続く伝統の技を継承する輪島塗の職人の手技への思いを感じて下さい。

漆の間

輪島塗は「漆の間」に展示されています。

館内案内のページヘ

展示中の伝統工芸
展示中の伝統工芸

作品画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

こちらの伝統工芸もどうぞ