KUTANI 九谷焼

「呉須(ごす)」と呼ばれる藍青色で線描きし、「五彩」と呼ばれる赤・黄・緑・紫・紺青の5色で絵の具を厚く盛り上げて塗る彩法です。絵柄は山水・花鳥など絵画的で大胆な上絵付けが特徴的です。国家資格でもある「伝統工芸士」の資格を持った作家に限定して、作品を取り扱っています。

匠の間

九谷焼は「匠の間」に展示されています。

館内案内のページヘ

作家紹介
作家紹介

吉田美統

吉田 美統Minori Yoshita

国指定重要無形文化財釉裏金彩保持者。釉裏金彩とは一般的な金彩が釉薬の上に金を貼り付けるのに対し、多彩な形に切り抜いた金の上に透明な釉薬をかけて焼き付けた素晴らしい技法です。

福島武山

福島 武山Buzan Fukushima

江戸後期に流行した細密描法を長年研究し、弁柄と呼ばれる鉄分を含む顔料一色で濃淡を付け描く技法を再び九谷に呼び起こしました。美しく緻密な細密画は赤絵の最大の特徴です。

三代 浅蔵 五十吉

三代 浅蔵 五十吉Isokichi Asakura

磁器の素地に彫刻を施し九谷五彩の釉薬を基本に独自の色を編み出しながら渋さと重厚で優雅さを感じさせる「彩磁彩」、「紺晶彩」釉で現代的感情に訴える作品を製作されています。

山本 篤

山本 篤Atsushi Yamamoto

宮内庁御用達窯。幻といわれる黄磁釉を用いて造形美にあふれた器を製作しています。轆轤成形はもとより伝統の型打ち成形で形の美しさを表現しています。

山本 長左

山本 長左Choza Yamamoto

宮内庁御用達窯。藍古九谷の染付技法を現代に再現することを志しています。繊細な藍古九谷を彷彿させる呉須という顔料を使用した染付と器物の成形のバランスが美しさを際立たせています。

山中 國盛

山中 國盛Kunimori Yamanaka

九谷五彩を用いて古九谷様式から現代表現まで様々な作品を製作しています。自然を深く見つめつつ日本の心を表現しています。

高 明

高 明Akira Taka

作品全体に赤の絵の具で「細描」と呼ばれる細かい描き込みを施し金の飾りつけで彩られた「赤絵金襴手」、絵付けの筆づかいが素晴らしい「色絵」の技法で描かれた緻密で優美な上絵はまさに芸術的です。

山口 義博Yoshihiro Yamaguchi

九谷五彩の鮮やかな彩色で描かれた風景や青紫と四季折々の花の色とのコントラストが美しい作品を製作しています。

仲田 錦玉Kingyoku Nakata

大正時代に広まった彩色の青粒技法の第一人者。素地にイッチンという技法で青絵具を一粒一粒並べて模様を描いています。また盛り金技法で描かれた美しい模様も特徴の一つです。

美山 富Tomi Miyama

古九谷の特色の重厚な五彩を駆使して現代の空間にマッチするような色彩で花鳥風月を描いています。素地の粘土の柔軟さを生かした形状の面白さと加飾の融合も特徴的です。

福田 良則Yoshinori Fukuda

九谷五彩を使用の青九谷技法、繊細で尚且つ華やかな金粉赤を使用の赤九谷等色絵細密画で装飾品、食器等の作品を製作しています。

山田 義明Yoshiaki Yamada

植物をしっかり写生し、それを基本に構図をつくり余白の部分を生かし、四季折々の花鳥を豊富な中間色をそれぞに応じ使用し、シンプルな作品に仕上げてます。

北村 隆Takashi Kitamura

代表的な技法は金箔銀箔プラチナ箔を貼り焼き付けてその上に呉須書きで上絵を描き九谷の五彩色で塗り仕上げる技法。豪華な絵付けで代表的な絵柄は北前船です。

打田 幸生Yukio Uchida

従来の古九谷から青、黄、紫の三色を用い、花鳥、山水、小紋、草花などを写実的に描く吉田屋風の作品はもとより現代にあった作品を製作しています。

大兼政 道子Michiko Okanemasa

優しく草花が描かれた繊細な絵付けが美しい作品です。伝統を大切にしながらも新しい感覚の作品を製作しています。

宮吉 由美子Yumiko Miyayoshi

コバルトブルーと銀のコントラストが清らかで美しい染付銀彩とは染付して本釡焼成後、本銀で上絵を施す技法です。作品に描かれる「瓔珞」は古代インドの貴族の装身具でした。

展示中の伝統工芸
展示中の伝統工芸

作品画像をクリックすると詳細をご覧いただけます。

こちらの伝統工芸もどうぞ