建物の特長を写真でご紹介します。
随所に残る町家の名残やこだわり。ご来館の際にはぜひご注目ください。

START

※終了するときはウィンドウを閉じてお戻りください。

PhotoGallery 観る、金澤東山しつらえ

※終了するときはウィンドウを閉じてお戻りください。

【弁柄塗】東山界隈でも唯一残る、外装に弁柄塗りを施した建物です。弁柄とは土から取れる成分(酸化鉄)で紅殻、弁柄とも呼ばれ日本の暮らしにも古くから根付いている防虫、防腐の機能性から家屋の塗りとしても使用されています。
【木虫籠】外格子には木虫籠(きむすこ)と呼ばれる技法を用いています。細かな格子は細い木を台形に形どっており、外から中は見えにくいが中からは外がよく見える技法が施されています。
【ささらこ】外壁の壁板を張る際に羽重(はがさね)にした下見板の押縁として、縦に打ち付ける細長い木材。裏側には下見板に合わせた刻みをつけ、板に密着するようにしてあります。
三和土(たたき)を用いた玄関土間。三和土とは「敲き土」の略で、赤土・砂利などに消石灰とにがりを練り敲き固めた素材です。
【蔵】漆喰塗りの両開きの戸の内側に土塗りの格子戸・障子戸が三重になった、旧家らしく重厚な土蔵をギャラリーにしました。障子戸の紙張りは、もとの原型を残し現代にも通じるモダンな素材に張り替えて再利用しています。
木虫籠(きむすこ)の繊細な格子が美しく映える「漆の間」には、部屋の各処に石川県が誇る伝統工芸の手技が施されています。襖をあけると金箔屏風を背にした漆黒の舞台があらわれます。
【匠の間】この部屋は「ガラスケースに入れない美術館」として間近に伝統工芸士の作品をご覧いただけます。巨匠たちのものづくりの技と心を集積した美空間です。本聚楽の壁の文様は、水分を多めに塗ってから急速に乾燥させることで細かいひび割れを強制的に起こすという匠の技です。
二階から見下ろした町家の趣の箱庭。常紅のノムラモミジが美しい。
二階部分の左官仕上げの土壁は十六層。薄紅、真朱、黄丹、鴇、照柿、利休茶、花浅葱…。塗り重ねられた土壁の仕上がりが艶やかさと華やぎをもち、まるで十二単のようです。
特別室へと誘う金の吊橋。あなたにときめきをお届けします。
【しつらえの間】茶屋では通りに面した座敷より奥庭に面した方が格式高い部屋とされておりました。この部屋の壁は何世代か前の「真朱」の塗り壁を再現しています。