NEWS お知らせ

2016.12.25

年末年始の営業について

年末年始のお休み

12月31日(土)・1月1日(日)

初売

1月2日

1月4日(水)は定休日

2016.11.10

九谷焼伝統工芸士 山田義明 作陶展始まりました。

写実的で瑞々しく描かれた花鳥風月の色絵がとても美しい山田義明先生の作陶展です。繊細な小紋柄と余白を大切に描く山田先生の作品はまるで絵画のようです。是非、皆様ご来店お待ち致しております。会期は11/22(火)まで。尚、16日(水)は定休日。

img_7020 img_7022img_7016

 

2016.10.29

「針谷蒔絵の世界展」 開催中です

【針谷 蒔絵の世界展】

株式会社うるしアートはりやさんは200年にわたって山中で受け継がれた漆工芸技法である「蒔絵」を、蝶貝や琥珀べっ甲などに施したジュエリーの制作も行っています。繊細で美しい漆の仕事が強みであり「漆を毎日の生活の中に多く取り入れていけるように」をコンセプトに、型にはまらない新しい漆の魅力を引き出した作品創りをしています。お茶道具の棗や漆絵額なども展示しており、様々なカタチの蒔絵アートをご覧頂けます。是非ご来館下さい。会期は11/1(火)まで。

img_6932img_6938img_6934img_6936

2016.10.22

~金沢初開催~ 宮内庁御用 妙泉陶房 山本長左・山本篤作陶展始まりました

当館1階しつらえの間では妙泉陶房 山本長左・山本篤作陶展を開催致しております。

美しい染付けと幻の釉薬といわれる黄磁釉作品の他に、色絵作品も展示いたしております。

金沢では他にみることが出来ない逸品の数々を取り揃えております。

山本篤先生来場日:22日・23日・29日・30日 PM13:00~

この機会にお見逃しなくご覧下さいませ。

img_6879img_6866img_6861img_6885

2016.10.10

「匠の間」引っ越しました

「匠の間」と「しつらえの間」引越ししました。現在九谷焼伝統工芸士の作品は舞台のある旧「しつらえの間」にて展示いたしております。尚、以前「匠の間」だった場所には金沢箔工芸品の展示となっております。

%e5%8c%a0%e3%81%ae%e9%96%93%e5%b1%8f%e9%a2%a8%e4%b9%9d%e8%b0%b7%e8%88%9e%e5%8f%b0%e7%ae%94%e4%b8%80%e3%81%97%e3%81%a4%e3%82%89%e3%81%88

 

2016.09.30

食卓を彩る伝統工芸品

九谷焼の徳利やぐい吞み、輪島塗の溜塗半月盆など、大切な方との秋の夜長、プチ贅沢気分でこんな美しい伝統工芸の品々で食卓を彩ってゆったりと過ごしてみてはいかがでしょうか。 %e5%90%89%e7%94%b0%e5%b1%8b

打田幸生作 徳利松竹梅  ¥54,000(税込)

打田幸生作 組盃     ¥12,960(税込)

わじま箸 夫婦箸 赤・黒  ¥10,800(税込)

輪島塗半月卓上膳溜    ¥81,000(税込)

                                                          %e7%ae%b8%e7%bd%ae%e3%81%8d %e4%ba%94%e6%9e%9a%e7%b5%84%e3%81%bf  

輪島塗箸置き(一個) ¥13,500(税込)

福田良則作 花型小鉢揃草花文

                                                ¥29,160(税込)                                  

ご質問やご注文はお問合せ よりお気軽にご連絡下さい。
2016.09.08

九谷焼伝統工芸士 二人展 始まりました

%e5%ae%ae%e5%90%89%e5%85%88%e7%94%9f%e5%ae%ae%e5%90%89%e5%85%88%e7%94%9f-5%e5%ae%ae%e5%90%89%e5%85%88%e7%94%9f-3%e6%89%93%e7%94%b0%e5%85%88%e7%94%9f-3%e6%89%93%e7%94%b0%e5%85%88%e7%94%9f-2%e6%89%93%e7%94%b0%e5%85%88%e7%94%9f

九谷焼伝統工芸士・打田幸生氏、宮吉由美子氏の二人展です。
打田氏が創り出す色絵は、伝統的な色絵の技法を基に、より現代的に独自のアレンジを加えた作風が特徴で、華やかな美しさを身近に感じることができます。昨年5月に天皇皇后両陛下ご臨席のもと小松で開催された「66回全国植樹際」の記念品として製作した陶額、白山の図なども展示いたしております。
宮吉氏の染付銀彩の作品は、女性作家ならではの視点で、使ってみたい、ステキ、格好良いと自分が思えるようなものにこだわって作るのだそう。コンセプトは「ロマンティックに格好良く・・・」
日常にすんなり入り込んでくる格好良さ、美しさの品々をお愉しみください。会期は9/20(火)まで。

2016.08.27

Classic Koの蒔絵ジュエリー展開催中です。

筆ブローチブローチ2個琥珀eリングイヤリングブローチ1個

石川県の加賀地方で120年続く蒔絵工房のジュエリーブランド【Classic Ko】。
蒔絵とは奈良時代(710年~794年)の頃から使われている漆を用いた金装飾技術です。
【Classic Ko】のジュエリーは、白蝶貝、琥珀、水晶、トルコ石等の天然素材に蒔絵を施した、世代を超えて永くお楽しみいただけるアイテムです。
いつもの当館の蔵が素晴らしい展示場になりました。
素晴らしい伝統の技で創られたジュエリーをどうぞ身につけてみて下さい。
是非、お待ち致しております。

2016.08.04

~金澤の夏涼風趣~移りゆく祈りの景色展 始まりました。

宮本先生 田谷さん 菩薩二体 漆パネル

本日より8月の企画展がスタートいたしました。お盆の時期に相応しく九谷焼伝統工芸士の宮本直樹先生の陶彫お仏像、輪島塗の厨子、お数珠、また、暑い夏でも美しい色を保つ石川の伝統工芸の器に入った献花用の和風プリザードフラワーなど、現代の移りゆく祈りのかたちを石川の伝統工芸で提案させていただいております。陶彫作家の宮本直樹先生、創業文政元年の田谷漆器店さんも来店していただきお話を聞くことが出来ます。是非美しい工芸品の数々、ご覧くださいませ。会期は8/16(火)まで。

2016.07.23

《うるしアートはりや》からの作品ご紹介

蒔絵のアクセサリー 

針谷

夏から秋にかけての絵柄の美しい蒔絵のアクセサリーが入荷いたしました。

右 ブローチ「金魚」 ¥30,240(税込)

左 ブローチ「桔梗」 ¥36,720(税込)

(ペンダントトップとしてもお使いいただけます。)


棗 香合

棗扇

螺鈿と流れるような蒔絵のデザインが美しい棗です。

右 夕顔蒔絵扇面香合 ¥97,200(税込)  素材 鉄刀木

左 流水蒔絵中棗   ¥172,800(税込) 素材 水目桜


 

ペーパーウェイト

ペーパーウェイト

ユーモラスな蒔絵で描かれたカエルがかわいいペーパーウェイトです。

蛙蒔絵ペーパーウェイト ¥45,360(税込) 素材 石


 

ご質問やご注文はお問い合わせよりお気軽にご連絡下さい。

 

2016.07.17

「染付と色絵のうつわ展」で大兼政華翆先生の実演をご覧いただけます。

染付 (2) IMG_6102 IMG_6107

現在開催中の九谷焼伝統工芸士 「染付と色絵のうつわ展」では

大兼政華翆先生の絵付け実演をご覧いただけます。

尚、「萌窯」の竹内智恵先生の在廊日は7月18日(月)となっております。

会期 7/26(火)まで

 

 

2016.07.17

タックスフリー(Tax-free)始めました

タックスフリー

金澤東山しつらえではタックスフリーを始めました。

2016.03.26

九谷焼伝統工芸士会・春の作品入荷いたしました

武山

匠の間では3ヶ月に1度の九谷焼伝統工芸士会の春の作品入替のため、新しい作品が入荷いたしました。福島武山先生の赤絵の作品をはじめ、九谷焼の特徴でもある鮮やかな色彩が美しい作品が多数展示されております。ここ匠の間では人間国宝の吉田美統先生を初め美術館のケースの中に展示されているような作品などを、間近に見ていただくことができます。どうぞ素晴らしい匠の技をご覧下さい。

2016.03.21

御前智子作・アクセサリー入荷いたしました

御前御前 (2)

象嵌や蒔絵といった伝統の技法を用いて様々なアクセサリーを製作している御前智子さんの作品が入荷致しました。グレーのへマタイトとの相性が美しい象嵌のペンダントは金属でありながら女性らしいやわらかさが表現されています。漆黒の漆に散りばめられた繊細な桜の花びらは截金(きりがね)の技法によるものです。帯留め、色漆のかんざしなど、御前智子氏の作品をどうぞご覧下さい。

 

 

 

2015.07.12

加賀友禅作家・毎田健治氏の作品お取り扱い開始

kofuroshiki_web-1

加賀友禅作家・毎田健治氏の加賀友禅作品のお取り扱いを始めました。
当館2階にて、タペストリーやストール、風呂敷など大小さまざまな作品を展示しております。
豊麗な色使いと雅やかな文様表現が高い評価を得ている毎田氏。時代、空気、感性を読み取り、新しい意匠や様々な分野での友禅のあり方を模索し着物と現代の文化の融合を図ることで、新たな日本の伝統美を提示しています。

2014.12.09

「金澤東山しつらえ」公式サイトがオープンいたしました。

「金澤東山 しつらえ」公式サイトがオープンいたしました。